公益社団法人 熊本県薬剤師会

サイト内検索の使い方 ⇒こちら
こんにちは 熊本県薬剤師会 公式ホームページです
カプセルくん ジョーザイくん
お薬相談 会員の皆様へ

 トップトップページ  県民の皆様へ 


   





熊本県薬剤師会では、学校薬剤師が中心となって県下の小・中・高等学校生徒を対象とした薬物乱用防止教室の開催などを始め、各関係機関と連携して、薬物の乱用によって生じる弊害を防止するための積極的な啓発活動を行い、広く県民に薬物乱用に関する正しい知識を普及し、麻薬・覚せい剤・大麻・シンナ-等の薬物乱用を根絶する社会環境づくりを進めています。


 薬物乱用とは?

薬物乱用とは、医薬品を本来の目的から逸脱した用法や用量あるいは目的のもとに使用すること、医療目的にない薬品を不正に使用することをいいます。もともと医療目的の薬物は,治療や検査のために使われるものです。それを遊びや快感を求めるために使用した場合は、たとえ1回使用しただけでも乱用にあたります。



 薬物乱用は何故いけないの?

シンナー・覚せい剤などの乱用すると、それらがなくてはならない中毒状態となり、入手するために窃盗・詐欺・売春などを平気で犯すようになります。脳をはじめ身体か破壊されて元に戻らなくなり、場合によっては死に至ることもあります。また、瞑想や幻覚によって殺人・放火等の重大犯罪を起こすこともあり、社会的問題となっています。


 薬物乱用を防ぐためにはどうしたらいいの?

乱用者の多くは、ほんのちょっとした好奇心から安易に使い始めてしまいます。薬物乱用による依存は、より強い効果を求めて次第にエスカレートしていきます。いたずら半分の少年期の「タバコ・お酒」に始まり、シンナーなどの有機溶剤に興味を持ち、やがて大麻・覚せい剤・コカイン・麻薬などの乱用へ移行し、ひいては取り返しのつかない「犯罪を起こす」ことにつながっていきます。一時の好奇心から一生を台無しにしないようにするためには、医薬品を始めとする薬物についての正しい知識を持つことが第一歩となります。そして何より必要なのは、様々な薬物乱用の誘惑に対して〝断る勇気〟を持つことなのです。


 どこに相談したらいいの?

薬物乱用・おくすりに関するご相談は、薬剤師がお伺いいたします。お近くの薬局・病院の薬剤師や保健所へどうぞ




県民の皆様へ保険薬局検索お薬相談薬剤師の皆様へ会員の皆様へ


© Copyright 熊本県薬剤師会. Allrights Reserved.
サイト内掲載の写真・CGなどの画像、及び記事に無断転載を禁じます。サイトポリシー・プライバシーポリシー