熊本県薬剤師会熊本県薬剤師会

メニュー

熊本県薬剤師会とは ABOUT

→会長挨拶

県民の皆様には、日頃より熊本県薬剤師会の活動に、ご理解とご支援・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

熊本県薬剤師会は明治22年10月に創設され、皆様と共に約130年の歴史を歩んでまいりました。平成25年4月には社団法人から公益社団法人へと移行し、より県民の皆様の健康な生活の確保・向上に寄与するため、様々な公益事業に取り組んでいるところです。

現在、薬剤師に求められる役割は、医薬品の安全・安心な供給や処方箋による調剤業務や服薬指導はもちろんのこと、「地域包括ケアシステム」の一員として在宅医療への参画やセルフメディケーションの推進に伴う医薬品の適正使用の啓発、学校での学校環境衛生活動やくすり教育、危険ドラッグ等の薬物乱用防止活動や、スポーツ競技におけるドーピング防止についての指導・助言、次世代を担う薬剤師育成のための薬学生の実務実習受け入れなど多岐にわたっています。
このような皆様の期待に応えるため、関係団体と連携のうえ、研修会や委員会活動を行うなど、本会では様々な課題に対処できる薬剤師の育成と資質の向上に努めております。

また、災害対策にも力を入れており、平成26年8月に熊本県と「災害薬事コーディネーター派遣に関する協定」を締結し、被災地の医療救護活動に必要な知識を習得した災害薬事コーディネーターや災害支援薬剤師の育成に取り組むとともに、平成30年3月には熊本県の補助を受けモバイルファーマシー(薬局機能を備えた災害対策医薬品供給車両)を導入したところです。

このホームページでは、本会の事業内容とともに、医薬品や健康に関する情報などを提供していきたいと考えておりますので、ご活用いただければ幸いに存じます。

神田 晴生
公益社団法人
熊本県薬剤師会 会長
神田 晴生