令和5年度「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業」に関する情報 ~令和6年3月15日締め切り~

  • 薬剤師
〇本事業の締切及び来年度事業について
本年度事業について
支援対象は令和5年3月分から最大でも令和6年2月末日分まで(請求は令和6年3月15日締め切り)となります。
未申請の薬局におかれましては、急ぎご申請ください。締め切り後の申請については対象となりませんのでご注意ください。
来年度事業について
来年度につきましては、本事業を継続しない旨、厚生労働省より連絡がありました。
来年度は、新型コロナに関する薬剤交付支援事業は実施されません。

提出書類および手順(Googleドライブ)

「実施状況の一覧」様式(令和5年3月以降分報告用)
「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業請求様式」
   請求手続きの手順書
※上記URLよりお進みいただき、各ファイルを選択して右クリック→「ダウンロード」 してください。
 
 
※「薬局における薬剤交付支援事業」(~令和4年2月配送分) および
 「令和4年度薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業」(令和4年3月~令和5年2月配送分)については、請求受付を終了しました。
〇令和5年8月1日以降の取り扱いについて

0410対応については、7月31日をもって終了となりましたが、薬剤交付支援事業についてはこれまで通り予算の範囲内で実施致します。

なお、令和5年5月8日以降は、自宅療養は医師の指示に基づくものとされているため、必ずしも0410事務連絡に基づく「CoV自宅」の記載がない場合もあり
ますが、支援事業の対象になります。
また、2023年8月1日以降分については、県薬へ請求するもののみの報告となります。
※これまで通りすべて報告いただいても問題ありません。
〇請求の手続き
書類の作成方法等につきましては、上記URL先にあります手順書も併せてご確認ください。
 
(1) 月ごとの「実施状況の一覧」を作成(赤枠内の入力)
 ・添付ファイル「実施状況の一覧」の様式をダウンロードし、入力してください。
 ・電話等による服薬指導等及び薬剤の配送等の実施状況については、配送料等を県薬に請求しないものや本事業の補助対象ではないもの(0410対応)も含め、全て入力してください。
 ・「当該月のすべての処方箋受付回数」には、薬剤交付支援の対象とならないものも含めた全ての処方箋受付回数を記入してください。
 ・保険薬局コード10桁は7桁の保険薬局コードの頭に434を記入してください。
   ・振込先口座情報は間違いないように、特に口座名義は通帳に記載されているものをそのまま半角カタカナで記入してください。
    (例:株式会社◯薬局 代表取締役 県薬太郎 → カ)マルヤッキョク ダイ)ケンヤクタロウ)
 ・請求項目の記入について
   ・項目を記入する際は、必ず左から入力してください。
   ・①・③・④・⑧・⑪・⑫の項目は、プルダウンメニューから選択してください。
   ・①の項目
   ・県薬へ請求する場合は○を、請求しない場合は×を必ず選択してください。
   ・1か所の届け先について複数人分を薬局の従事者が届けた場合、全件を記載した上で、代表する1件のみ請求(◯を選択)し、それ以外は×を選択してください。
   ・0410対応は請求することができず、報告のみとなります。×を選択し、内容を入力してください。
 ・エクセル形式の様式は加工せずそのまま使用してください。
 ・万一、様式の件数を超える場合には、行の挿入を行わず、別シートで対応してください。
 ・患者等が来局し薬局で服薬指導を行った場合は、この一覧には含めません。
 ・該当する処方箋については、あとで参照できるようFAXと処方箋を一緒に保存しておいてください。
 
(2) 「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業請求様式」の作成
 ・ダウンロードした「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業請求様式」に入力してください。
 ・(1)で作成した月ごとの「実施状況の一覧」内の一番下にある「⑥の合計」の数値を、様式内の「請求金額」に記入してください。
 ・日付、薬局名、代表者氏名を記入してください。
  ※代表者氏名は、開設者のお名前をお願い致します。
(3) 「配送費の請求の根拠となる資料の写し」の準備
 ・根拠となる資料の例:配送料・交通費の金額がわかるものとしては、「配送業者の伝票の控え・請求書・領収書」や「公共交通機関の領収書」等となります。
 ・根拠となる資料は保管をお願いいたします。
 ・(1)で作成した月ごとの「実施状況の一覧」において、請求する内容の領収書・請求書等の写しを作成してください。
 ・作成した写しが(1)で作成した「実施状況の一覧」のどの件のものなのか確認できるよう、資料と対応させて 「薬局名」 「対象月(◯月)」 「対象項目の番号((1)で作成した「実施状況の一覧」内の請求項目の①の左にある番号)」 を記載してください。
 ※内容が異なる場合や不適切であった場合、受付できないことがあります。
 ※内容を確認できない場合、受付できないことがあります。
(4) 請求に関わる資料の提出
 ・(1)(2)(3)で準備した月ごとの提出資料を翌月15日までに熊本県薬剤師会へご提出ください。
 ・(1)で作成した月ごとの「実施状況の一覧」のファイル名は「薬局名(支部名).xlsx」としてください(例:○○薬局(△△支部).xlsx)。エクセル形式のファイルのみ受付けます(印刷物、手書き等不可)。
 ・宛先を「shien★kumayaku.or.jp」(★記号を@記号に置き換えてください)、件名を「薬局名/2022.◯月分」としてメールでお送りください(期日厳守)。
 ・(2)および(3)については、メール以外に郵送・持参でも受け付けます。(FAX不可、期日必着)
※提出頂いた書類について、不備があった場合修正をお願いすることがあります。
 再提出いただく際には、処理上の誤りを防ぐため、お手数とは思いますが修正した書類以外についても一緒に、再度ご提出をお願い致します。

〇熊本県薬剤師会からのお知らせ

 
〇日本薬剤師会からのお知らせ
〇厚生労働省からのお知らせ
FacebookTwitterLine